湯島界隈

湯島


文京区の東南部に位置し、昭和40年の住居表示で旧湯島のほか、 湯島天神町・妻恋町などがいまの湯島となった。 湯島一丁目から四丁目までと比較的狭い地域だが、お蔦主税の悲恋物語で知られた「婦系図」の舞台、 湯島天神をはじめとして、五代将軍綱吉が建てた孔子廟の湯島聖堂、家光の乳母・春日局が眠る麟祥院、 徳川家の祈願寺として規模を誇る霊雲寺など神社仏閣が多い。 また、文豪・森鴎外の「雁」で、おたまが住まい、学生さんが通った無縁坂など、坂と階段が至る所にある。

湯島の地名の由来は、その昔、不忍池が海に通じていた頃、この地が島状だったらしいが、 湯の意味がはっきりせず、不祥とされている。
ここでは、湯島を中心に本郷・神田・上野あたりまでを紹介したい。


お茶ノ水駅前 湯島聖天 合格祈願絵馬 湯島神社
お茶ノ水駅前 湯島聖天 合格祈願絵馬 湯島神社
湯島御霊社 麟祥院 ニコライ堂 春日局の墓
湯島御霊社 麟祥院 ニコライ堂 春日局の墓
孔子銅像 実盛坂 清水坂 銭形平次の碑
孔子銅像 実盛坂 清水坂 銭形平次の碑

地図