高等職業訓練校
 本校は、1953年(昭和28年)5月に、東京鍍金学校として発足しました。
 その後、1970年(昭和45年)4月 職業能力開発促進法に基づき「めっき技術者養成」の全国初の認定職業訓練校として、東京都知事の認定を受けました。以来、多くの人材を養成し東京をはじめ全国各地へと巣立ち、新しい技術と高度な技能を十分発揮されて企業の中核となり、めっき業界を支える人材として活躍されています。
 今後も、が国のものづくりを支える基盤としてめっき業界を一層発展させていくためには、創意と工夫で新たな製品を生み出す必要があります。
 そのためには、本校の充実した講師陣と設備・機器、そして基礎から応用までの人材育成カリキュラムの中で、時代のニーズに合った新しい技術と高度な技能の習得は、ものづくりの面からも欠かせません。
 今、あなたの可能性への情熱と積極・果敢な挑戦を期待しています。