HOME > 組合概要

組合概要

組合名
東京鍍金公害防止協同組合
Tokyo Cyanide Treatment Cooperative Assosiation
代表者
代表理事(理事長) 神谷博行
所在地
〒113-0034 東京都文京区湯島1-11-10めっきセンター1F
〒144-0033 東京都大田区東糀谷6-3-1
連絡先
TEL:03-5805-3193 FAX:03-5805-3194
組合員数
359社(平成29年3月現在)
設立
昭和46年6月2日
出資金
1,567万円(平成29年3月現在)
組合員の資格
金属被覆・彫刻業、金属熱処理業、再生資源卸売業を行う
事業者であること。
組合の地区内に事業場を有すること。
組合の地区
東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県,山梨県,群馬県,福島県,栃木県
茨城県,静岡県,長野県,新潟県,愛知県,大阪府,兵庫県
敷地
1,649.38㎡ 建物7棟
廃棄物処理法の許可内容
特別管理産業廃棄物収集運搬業許可
産業廃棄物収集運搬業許可




組合員数

(2015年3月31日現在)

支部名 支部員数  構成比(%)  備考
城東支部 22 5.60  
城西支部 34 8.65  
城南支部 39 9.92
大田支部 54 13.74  
城北支部 41 10.43  
中央支部 26 6.62  
足立支部 31 7.90  
葛飾支部 46 11.70  
向島支部 27 6.87  
西部支部 23 5.85  
本部支部 50 12.72  
393 100.00  

組合沿革

昭和46年 6月 2日
組合設立・登記
昭和47年 6月 1日
共同施設「城南処理センター」落成。煮詰高温燃焼法操業開始
[第1回東京都中小企業高度化事業]
昭和52年 6月 1日
シアン浴中に析出する炭酸ソーダ結晶物等の受入開始
昭和52年11月1日
シアン廃液10,000㌔㍑の処理実績達成
昭和53年 5月 1日
ミヤマ㈱と業務提携、クロム老化液取扱開始
昭和57年 3月 1日
共同施設を組合自主管理に移行
昭和57年3月12日
シアン廃液20,000㌔㍑の処理実績達成
昭和60年6月11日
シアン廃液30,000㌔㍑の処理実績達成
昭和61年3月25日
東京都からモデル組合に指定
昭和63年7月15日
シアン廃液40,000㌔㍑の処理実績達成
平成 3年 8月15日
シアン廃液50,000㌔㍑の処理実績達成
平成 5年 3月31日
熱加水分解によるシアン無害化工場更新落成,操業開始
[第2回東京都中小企業高度化事業]
平成5年10月15日
シアン無害化施設第二期工事(生物処理施設)補完
平成7年 1月25日
シアン無害化施設第三期工事(窒素削減設備)補完
平成7年 8月16日
シアン廃液60,000㌔㍑の処理実績達成
平成11年7月26日
東京都『産業廃棄物適正処理・資源化推進協定』締結
平成11年11月25日
シアン廃液70,000㌔㍑の処理実績達成
平成14年5月20日
事務棟増改築落成
平成15年1月20日
土壌汚染調査指定機関指定(指定番号 環2003-1-827)
平成16年3月25日
シアン廃液80,000㌔㍑の処理実績達成
平成18年9月15日
ISO14001認証取得
平成21年2月17日
シアン廃液90,000㌔㍑の処理実績達成
平成21年9月15日
ISO14001認証登録更新
平成22年8月31日
シアン無害化施設休止
平成23年5月 9日
事務局併設(文京区湯島)