沿革
組合の名称 東京都鍍金工業組合
設立年月日 昭和42年2月22日
根拠法規 中小企業団体の組織に関する法律
(昭和32年11月25日 法律第185号)
所在地 東京都文京区湯島1-11-10  めっきセンタ- 地図
tel 03(3814)5621
fax 03(3816)6166
mail webmaster@tmk.or.jp
地区 東京都の区域
組合員の資格 1.地区内において、めっき加工の事業を営む者
2.地区内において、めっき加工の事業を行う協業組合
出資金 131,872千円
組合員数 302事業所
(令和元年5月20日現在)
役員

代表理事 苅宿充久  理事 42名、監事 5名

理事長 常任顧問理事 副理事長 顧問理事 専務理事 常任理事 理事 監事
1 1 4 3 1 10 22 5
予算 157,917千円(平成31年度)
土地・建物 土地:287,64m2
建物:地上7階 地下1階 めっきセンタ-
1672,37m2(昭和42年3月31日、めっきセンタ-ビル完成)



概要
明治22年10月、農商務省の「同業組合準則」にもとづき、 組合員66名で東京鍍金業組合が設立されました。 東京においても、また我が国においても、初めてのめっき業者の組織化でありました。
その後、社会・経済情勢の変化と法制度の改正により、 組合の名称等もその都度、変更を重ねてまいりました。
昭和41年10月25日、 東京鍍金工業協同組合・関信越鍍金工業協同組合・中央鍍金工業協同組合・ 東京西部鍍金工業会の4団体が大同団結して、東京都鍍金工業組合の設立総会を開催し、 翌42年2月22日に登記完了し、現在に至っています。
平成元年は、組合創立百周年にあたり、 同年11月9日に「百周年記念式典」を開催するとともに、 翌2年5月には「百周年記念誌」を刊行致しました。
平成21年は、組合創立百二十周年にあたり、同年2月7日に「創立百二十周年記念式典」を開催するとともに、同年3月30日に「百二十周年記念誌」を刊行致しました。


明治22年10月 東京鍍金業組合
明治32年 5月 5日 東京鍍金職同業組合
明治33年 5月 5日 東京鍍金同業組合
昭和14年 6月 6日 東部鍍金工業組合
昭和19年 7月18日 東京鍍金工業統制組合
昭和22年 6月 6日 東京鍍金工業協同組合
昭和42年 2月22日 東京都鍍金工業組合   現在に至る