東京都鍍金工業組合

トップ > 湯島界隈

湯島聖天

湯島聖天

当山はもと宝珠弁財天堂と称し、湯島天満宮の一堂宇であった。 道真公が九州に流されたとき、冤罪をそそぐために聖天様に祈念された。 その由緒により因縁浅からざる聖天様を湯島天神境内に奉安した。 明治維新まで湯島天神の末社であったが、神仏混こうの禁令発布により湯島天神と本末関係を絶ち、 天台宗・心城院と改めた。天神男坂の下にある。

湯島界隈のトップへ戻る

Copyright 2001 TOKYOTO MEKKI KOGYO KUMIAI All right reserved.