東京都鍍金工業組合

トップ > めっきの種類 > 装飾めっき > 電鋳

電鋳(装飾用)

電鋳とは、母型に膜厚ミリ単位の超厚付け電気めっきを施した後に、はく離して製品を作る方法で、 原型を忠実に再現できる複製技術として、装飾の分野では主に美術工芸品や仏具の製造に利用されている。

電鋳

金電鋳による中空の装身具製品

めっきの種類トップへ戻る

Copyright 2001 TOKYOTO MEKKI KOGYO KUMIAI All right reserved.