分析風景

bunseki4.jpg

表面処理に用いられる処理液の成分濃度はさまざまな要因で変化します。安定した品質で処理を行うためには、成分濃度や反応生成物を分析し、処理液の状態を把握し、維持管理する必要があります。また、トラブル発生時に処理液の状態を確認することは、原因究明および再発防止のために必須な作業です。
トラブルが発生したときに初めて分析しても、原因がつかめないことがあります。良好なめっき処理ができている普段から分析し、良好な状態を把握することが肝要です。

めっき分析項目

 め っ き 液 分 析 成 分 
 硫酸銅  硫酸銅・硫酸
 シアン化銅  シアン化銅・遊離シアン化物
 ニッケル  硫酸ニッケル・塩化物・ほう酸・pH
 クロム  無水クロム酸・三価クロム・硫酸
 シアン化亜鉛  亜鉛・苛性ソーダ・全青化ソーダ
 塩化亜鉛  亜鉛・塩化物
 ジンケート  亜鉛・苛性ソーダ
 シアン化銀  シアン化銀・遊離シアン化物
 真鍮 銅・亜鉛・遊離シアン化物
 鉄  塩化第一鉄・全鉄・塩化カルシウム・カルシウム


その他の分析項目・料金などについては、環境科学研究所まで問い合わせください。