エコアクション21導入・運用の手順

 

エコアクション21ガイドライン(環境経営システム・環境活動レポートガイドライン)2004年版を、

環境省のホームページからダウンロードし、よく読み理解しましょう。

環境省総合環境政策「環境活動評価プログラム」から入手できます

 http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/PRG/

 ガイドラインには、次が掲載されています。

・環境への負荷の自己チェック

・環境への取組の自己チェック

・環境経営システムガイドライン

・環境活動レポートガイドライン

 

環境方針・目標・計画の策定(Plan... 2

() 体制の構築... 2

() 環境負荷自己チェック... 2

() 環境への取組自己チェック... 4

() 環境方針の作成... 4

() 目標を計画の策定... 5

() 環境関連法令の取りまとめ... 5

計画の実施(Do... 6

() 教育・訓練の実施... 6

() 環境上の緊急事態への準備及び対応... 6

() 計画の実施... 6

(10) 環境コミュニケーション... 6

取り組み状況の確認・評価(Check... 7

(11) 取り組み状況の確認・問題への対処... 7

(12) 文書と記録... 7

全体の評価と見直し(Action... 8

(13) 代表者による全体の評価と見直し... 8

環境活動レポートの公表... 8

 

以下では、

◎:必須項目となっています。

◆:推奨される事項や解説です。

 

環境方針・目標・計画の策定(Plan

 

() 体制の構築

◎代表者(経営者)が、エコアクション21に取り組むことを決めたら、取り組みを実施するために必要な

人員、費用などを用意します。

◎代表者は、環境経営システムを構築・運用する責任と権限を持つ環境管理責任者を任命します。また、

各自の役割、責任と権限を決めて周知します。代表者が入った推進チームをつくって取り組みを開始・

運用しましょう。

 

◆エコアクション21認証取得の際には、いつまでにエコアクション21の認証を取得するか、そのために何をするか、スケジュールを決めましょう。

 

<体制の例>

 

() 環境負荷自己チェック

◎生産プロセスを整理し、電気、原料・資材、水などの投入量と、廃棄物の量について、環境負荷自己

チェックを実施します。二酸化炭素排出量、廃棄物排出量、排水量(水使用量)は必ず把握します。

 

環境省のホームページから、別表1自己チェックシートのエクセル版をダウンロードして使うと便利で

す。温室効果ガス排出量も自動で算出できます。

 http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/PRG/

コンサルティングでも、専用に開発されたソフトが提供され、より手軽に実施できます。

 

環境負荷自己チェックシートの構成

1.事業の規模

生産量、売上高、従業員数、床面積など

2.環境への負荷の状況(取りまとめ表)

エネルギー、資材・原料、水、温室効果ガス排出量、化学物質排出量・移動量、製品生産量又は販売量、廃棄物、最終処分量、排水量について、年単位で取りまとめたもの

3.取りまとめ@

 エネルギー

電気、ガス、ガソリンなどの使用量を記入すると自動計算でJ(ジュール)で把握できます。

3.取りまとめA

 資材・原料

梱包材や原料などの使用量・購入量を記入します。

根拠がいつでもわかるようにしておきましょう。

3.取りまとめB

 水

上水、工業用水、地下水などの使用量を記入します。

3.取りまとめC

二酸化炭素

電気、ガス、ガソリンなどの使用量、廃棄物を焼却している場合は、その量を記入すると自動計算で二酸化炭素排出量がでます。

3.取りまとめD

 化学物質

PRTR(化学物質排出把握管理促進法)により届出した化学物質の大気・水域・土壌への排出量を記入しましょう。保管量、PRTR法以外の物質も同様に把握するとよいでしょう。

3.取りまとめE

 生産量

生産量(販売量)、環境配慮商品生産量(販売量)、容器包装使用量を記入します。

3.取りまとめF

 廃棄物

一般廃棄物、産業廃棄物の量について、再使用・リサイクル・焼却・熱回収の方法別に記入します。

3.取りまとめG

 最終処分量

一般廃棄物、産業廃棄物の最終処分量を記入します。

3.取りまとめH

 排水

公共用水域(川・海など)、下水道への排水量、BOD等を記入します。

◎:必須項目です

 

◆必要な情報は、経理関係や統計等を使います。最初はこれらをそろえるために時間がかかるかもしれません。

<活用できる情報の例>

     電気・ガス・水・原料・資材などの使用量・購入伝票

     マニフェスト伝票

     設備仕様書・説明書

     水質汚濁物質排出量総合調査票の写し

     PRTR(化学物質排出把握管理促進法)届出の写し

     計量証明書

◆できるだけ設備やプロセスごとに詳細に把握することで、どこに最も負荷が高いかがわかり、対策や目標を立てやすくなります。

◆また、構成比(自動計算されます)を知ることで、負荷の高いところがわかります。

◆月単位で把握しましょう。また、当年と前年の数値を把握しましょう。できれば23年分把握できると変動や傾向がわかり、良いでしょう。

◆排水量などわからない場合に、投入量から推計しましょう。その場合、その根拠を明確にしましょう。

◆情報がない場合は、今後、情報を把握するようにしましょう。

 

() 環境への取組自己チェック

◎現在の取組状況の自己チェックを実施します。

 

環境省のホームページから、別表2取組チェックシートのエクセル版をダウンロードして使うと便利です。

取組状況に応じた点数が自動計算されます。

 http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/PRG/

取組の欄に、既に取り組んでいる「2」、さらに取組が必要「1」、取り組んでいない「0」を入力します。

200以上の項目がありますが、事業に関係ないものは斜線を入れます。

 

環境負荷自己チェックシートの構成

事業活動にともなう事項

・省エネルギー、新エネルギー使用の拡大

・省資源、グリーン購入

・節水、水の効率的利用

事業活動による排出

・二酸化炭素の排出抑制、大気汚染等の防止

・化学物質対策

・製品の開発・設計等における環境配慮

・廃棄物の排出抑制、リサイクル、適正処理

・排水処理

・輸送に伴う環境負荷の低減

・建築物の建築・解体、開発事業に当たっての環境配慮

環境経営システムに関する事項

・環境への取組のための仕組み・体制の整備

・環境教育、環境活動の推奨等

・情報提供、社会貢献、地域の環境保全

・環境ビジネス、技術開発

・国際協力及び海外事業における配慮

 

◆取組自己チェックシートを使うと、今後どのように取り組めばよいかがわかるようになっています。

 

() 環境方針の作成

◎代表者(経営者)は環境経営に関する方針を定め、誓約します。環境方針には、取組の本的方向を、

わかりやすく明示します。

◎環境方針は、全ての従業員に周知します。

 

<環境方針の例>

     環境等関連法令を遵守し、環境汚染の未然防止に努めます。

     エネルギー、資源の使用量を削減に積極的に取り組みます。

     廃棄物の分別・リサイクルを推進し、排出量を削減します。

     環境配慮商品の比率を高め、グリーン調達を推進します。

 

() 目標を計画の策定

◎環境目標を短期(当年)と中長期(35)で定めます。できるだけ数値で示します。

◎環境行動計画を策定します。短期目標に応じた取組内容、スケジュール、責任者を決めます。

 

◆環境負荷自己チェック、取組自己チェックの結果を踏まえて、環境負荷の大きいところ、取組効果が期待できるところから、無理のない計画を策定しましょう。

 

<環境目標の例>

・中長期目標:2005年を規準として、2010年までに全社で廃棄物排出量を10%削減する

・短期目標:2006年は、全社で廃棄物排出量を3%削減する

<環境行動計画の例>

中長期目標

短期目標

方法

責任者

4

5

6

7

8

9

10

11

12

・・・

(2006)

電気
2010
5%
削減

1%削減

設備稼働時間の効率化

○○

■ 

 

 

 

 

 

 

 

実績値KWh

 

 

1050

1035

1035

 

 

 

 

 

 

 

 

評価

 

 

 

 

 

 

 

廃棄物
201010
削減

3%削減

・原料化

○○

 

 

 

 

 

 

 

  実績値トン

 

・梱包材の返却

△△

-

-

 

 

 

 

 

 

 

  実績値トン

 

 

評価

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

・・・・

・・・・・

・・

・・・・・

評価

 

 

 

 

 

 

 

 

◆取組内容は、必要に応じて具体的な手順書(マニュアル)を別途用意し、責任者がいつでも参照できるようにしましょう。

 

() 環境関連法令の取りまとめ

◎事業活動にあたって遵守しなければならない環境関連法規、条例及びその他の規制を整理し、取りまとめます。

 

◆遵守すべき法令の一覧表を作成し、チェック者、チェック頻度を決めて、一覧表へ遵守状況を記録します。

◆環境省のホームページに環境関連法令データベース(http://www.env.go.jp/hourei/)があります。

 

 

計画の実施(Do

 

() 教育・訓練の実施

◎エコアクション21の取り組みを実施するために必要な教育・訓練を実施します。

◎環境方針、環境目的および必要な環境活動計画を全従業員に周知します

 

◆教育・訓練のための手順書を簡単なものでよいので、作成し、教育・訓練を実施した記録をとりましょう。

 

<教育・訓練の例>

  役割と責任・権限に関する教育

  行動計画の内容、手順に関する教育

  環境関連法令の理解と遵守手順

 

() 環境上の緊急事態への準備及び対応

◎環境上の緊急事態を想定し、対応策を定めて、定期的に訓練を実施します。

 

<緊急事態への準備の例>

  生産プロセスごとに、手違いや地震・天災による事故で、油や化学物質の流出などの可能性を想定します。

  汚染を最小限にくい止めるように、対応策を検討し、備品などを用意します。

  外部および内部の緊急連絡網を整備します。

  対応策が機能するかどうかの訓練を定期的に実施します。

 

() 計画の実施

◎計画にそって、エコアクション21の取り組みを実施します。

 

◆必要に応じて手順書を用意しましょう。

◆実施した記録は、記入者・日付・内容・評価などを明記しましょう。できるだけ装置ごとに記録簿を用意して記録することで、評価・管理がしやすくなります。

 

(10) 環境コミュニケーション

◎外部からの環境に関する苦情や要望を受け付け、必要な対応をとります。

◎環境活動レポートを作成します。次の内容は、必須項目です。

@環境方針

A環境目標とその実績

B主要な環境活動計画の内容

C環境活動の取組結果の評価

D環境関連法規への違反、訴訟等の有無

 

<環境コミュニケーションの準備の例>

  苦情などの対応手順書を用意します :苦情の受付者−統括責任者−連絡体系−対応方法の検討−回答

の方法−結果の記録などについて

  環境活動レポートの活用方法を決めます :事業所周辺住民・従業員家族・行政機関への配布、エコア

クション21教育での活用など

 

 

取り組み状況の確認・評価(Check

 

(11) 取り組み状況の確認・問題への対処

◎環境目標の達成状況及び環境活動計画の実施状況を、定期的に確認・評価します。

◎環境関連法規等の遵守状況を定期的に確認します。

◎環境目標の達成状況、環境活動計画の実施状況に問題がある場合は、是正処置をとります。

 

◆確認は、内容に応じて、毎日、月1回、四半期1回、年1回など決めて実施しましょう。

◆必要に応じて監査チームをつくり、監査し、自己評価しましょう。

◆計画にそって目標が達成できなかった場合は、その原因を分析し、目標の見直しも含めて必要な対策を実施しましょう。

 

(12) 文書と記録

◎エコアクション21 の取り組みを実施するのに必要な文書を作成し、整理します。

◎エコアクション21 の実施状況の記録を整理します。

 

<文書の例>

・環境方針

・環境目標

・環境活動計画

・環境関連法規の取りまとめ

・実施体制図

  緊急事態の想定結果及びその対応策

  環境活動レポート

<記録の例>

  「環境負荷自己チェック」の結果

  「環境取組自己チェック」の結果

  環境関連法規等の遵守状況のチェック結果

  外部からの苦情等の受付結果

  環境上の緊急事態の訓練結果

  環境目標の達成状況及び環境活動計画の実施状況、その評価結果

  問題点の是正処置及び予防処置の結果

  代表者による全体の取組状況の評価及び見直しの結果。

 

 

全体の評価と見直し(Action

 

(13) 代表者による全体の評価と見直し

◎代表者(経営者)は、エコアクション21 全体の取組状況を評価し、全般的な見直しを実施し、必要な

指示を行います。

◎見直しは、少なくとも毎年1回実施し、その結果を記録します。

 

環境活動レポートの公表

◎環境活動レポートは、誰でも閲覧できるように、自社のホームページか印刷物として公表します。また、

事務局に送付します(事務局が取組事業者名を公表します)。

 

◆環境活動レポートは、エコアクション21中央ジウム局認証・登録事業者リスト検索(http://www.ea21.jp/list/ninsho_list.php)で公表されます。他社の環境活動レポートを参照してみましょう。ただし、他社の真似ではない独自性が求められます。

◆大賞がありますので、申し込んでみましょう。

◆環境コミュニケーション大賞環境活動レポート部門があります。申し込んでみましょう。(財)地球・人間環境フォーラム 環境コミュニケーション大賞事務局(http://www.gef.or.jp/eco-com/)

 

 

※エコアクション21に関するご質問につきましては、下記までお送り願います。

webmaster@tmk.or.jp をクリックしてください。