エコアクション21の背景・目的

 経済が国際的に展開している現状から、近年の欧州を中心とする環境法規制の強化は、日本
の産業界へも大きな影響を与え、その対応としての環境経営が求められています。環境経営は、
資源・エネルギーの使用合理化を図ることに直結し、経営上のメリットも生みます。また、環境経
営の実績は、取引先企業、行政、地域社会の信頼を得るための手がかりにもなります。

 エコアクション21は、環境省が策定した中堅・中小企業が取り組みやすい環境経営システムと
なっており、その認証・登録することは環境経営への入り口として有効です。そこで、東京都鍍金
工業組合のホームページに、エコアクション21について簡潔な解説で紹介し、認証・登録の手が
かりとすること、さらに、めっき業界における環境経営の促進に資することを目的とします。

 

エコアクション21のすすめ

 

●エコアクション21は、中小事業者のための環境経営システムです

「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動
し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定した認証・登録制度です。

 

●環境経営システムは、経営のたいせつな要素です

エコアクション21による環境経営システムを獲得することで、地球環境の保全に貢献することはも
とより、さまざまなメリットを生み、経営が強化されます。

◆コストダウン

省資源、省エネルギー、廃棄物削減によりムダをなくすことで達成できる

◆販売力を高める

 環境によい商品やサービスの提供により、グリーン調達に対応でき、顧客を確保できる

◆リスクへ対応する

 環境汚染や事故の未然防止によるコスト回避・リスク回避できる

◆企業体質の改善・強化

 全員が目標に向けて計画的に実行し、評価し、着実に改善する仕組みになっている

◆社会からの信頼を獲得する

環境負荷と対策について説明責任を果たすことで達成できる

 

エコアクション21は、ISO14001に比較して、安い費用と少ない労力で、環境経営システムを導入す
ることができます。

 

●環境経営システム=PDCA(PlanDoCheckAction)

環境経営システムは、より良い環境をつくるために、事業者が、PDCAサイクルによって取り組み、
継続的に改善を図る仕組みです。

◆自主的に環境への取組方針と目標等を定める(計画=Plan

◆その目標を達成するための組織体制を整備して必要な取組を行う(実施・運用=Do

◆システムの運用状況や目標の達成状況を把握・評価し、改善する(点検・是正=Check

◆定期的にシステムを見直す(見直し=Action

 

うまく成果が出ないときは、原因を明らかにし、取り組みを見直し、さらに取り組みを継続することが
たいせつです。事業所における様々な問題点の改善に役立ちます。

   

     エコアクション21認証取得まで

                           

          

 

 エコアクション21認証取得までの主な流れ

▼エコアクション21の取組決定

  代表者(経営者)がエコアクション21に組織全体で取組むことを決定します。代表者のリーダーシップ
が何よりも重要です。

  実施体制、責任と権限を検討し決定します。

▼環境負荷の自己チェック・取組の自己チェック

  環境負荷の項目と量を洗い出し、取組状況をチェックします。これが初期環境レビューといえます。

▼環境経営システムの構築と運用

  環境方針、目標、行動計画を策定し、実際に取組を実行し、その状況をチェックします。

  定期的に全体を評価し、見直し、問題があればその原因を検討し、改善します。

▼環境活動レポートの作成と公表

  環境への取組の成果を公表します。

 

▼エコアクション21の審査を受ける。

 

 

      

     エコアクション21は、審査人による登録審査が必要です。

  地域事務局または中央事務局へ、所定の書式により審査申込み、審査人により、ガイドライン

に適合しているかどうか、書類審査、現地審査が行われます。

・判定委員会により、審査結果を審議し、適合していれば認証登録されます。

 

◆申込書等は、エコアクション21中央事務局のホームページに、「各種規定・申込書等」に掲載されています。

 

◆書類審査の判断基準は、「エコアクション21認証・登録及び審査マニュアル」に記載されているため参照してください。

    http://www.ea21.jp/eco21/manual-form.html

 

◆認証登録期間は、2年間ですが、認証登録後約1年後に、審査人の中間審査を受けなければならず、登録期間内(2年以内)に、審査人による更新審査を受けなければなりません。

 

 

●エコアクション21認証取得の近道

  エコアクション21中央事務局のWebサイトで、エコアクション21の概要をつかむ

 財団法人地球環境戦略研究機関持続性センター

http://www.ea21.jp/

 

  「エコアクション21〜環境経営システム・環境活動レポートガイドライン2004年版」を入手し、内容をよく理解する

 環境省総合環境政策「環境活動評価プログラム」から入手できます

 http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/PRG/

 

  「エコアクション21ハンドブック2006年版」エコアクション21中央事務局編 ¥1,000を入手し、内容をよく理解する

 

  小規模オフィス向けエコアクション21支援ソフト「環境大福帳」のようなソフトを利用する

 環境省総合環境政策「環境活動評価プログラム」から無料でダウンロードできます http://www.env.go.jp/policy/j-hiroba/PRG/

 

  コンサルティングにより、早く認証を取得でき、効果的なシステムにすることが期待できます。申込み・問合せは、エコアクション21審査人、エコアクション21事務局、地域事務局、各地環境カウンセラー協会(協議会)

 

 

 ●費用・審査・コンサルティング

◆審査、認証・登録費用

審査:20万円〜30万円(事業所規模によって異なる)

中間審査(審査登録後約1年後): 515万円(事業所規模によって異なる)

更新審査(審査登録後2年以内):10万円〜20万円(事業所規模によって異なる)

認証・登録料及び更新登録料:5万円〜20万円(事業所規模によって異なる)

 

●コンサルティング

環境経営システム構築のコンサルティングを受けることができます。1回(3時間程度)3万円程度と交通費が
考えられますが、審査人・機関により費用は異なりますので、直接お問い合せ下さい。

 

●審査/コンサルティングの申込み・問合せ

認証・登録する事業者は、エコアクション21審査人リストより、適当と思われる審査人を決めてご連絡下さい。
または、エコアクション21事務局、地域事務局、各地環境カウンセラー協会(協議会)が審査人の紹介又は斡旋
をします。

コンサルティングの申込みも同様に、審査人や事務局・地域事務局へご連絡下さい。

エコアクション審査人

エコアクション21審査人リスト

http://www.ea21.jp/

エコアクション21事務局 

財団法人地球環境戦略研究機関持続性センター

100-0011東京都千代田区内幸町22ー1

TEL:03-3509-7903

http://www.ea21.jp/

E-mail: cfs@ea21.jp

エコアクション21地域事務局

地域事務局総合案内サイト

http://www.ea21.jp/

環境カウンセラー協()

環境省環境カウンセラー協()会一覧

http://www.env.go.jp/policy/counsel/03-1.html