東京都鍍金工業組合

トップ > 水濁法の対象施設ごとの点検内容について

水濁法 対象施設ごとの構造基準と点検内容について


水質汚濁防止法の一部を改正する法律が平成23年6月14日に成立、平成23年6月22日に公布され、平成24年6月1日より施行されました。

同法により、有害物質による地下水の汚染を未然に防止するため、有害物質を使用・貯蔵等する施設の設置者に対し、地下浸透防止のための構造、設備及び使用の方法に関する基準の遵守、定期点検及び結果の記録・保存を義務付ける規定等が新たに設けられました。

(1)対象施設の拡大
有害物質貯蔵指定施設の設置者及び有害物質使用特定施設の設置者

(2)構造等に関する基準遵守義務等
施設の床面及び周囲、施設に付帯する配管等、施設に付帯する排水溝等、地下貯蔵施設に関する構造等に関する基準を満たす必要があります

(3)定期点検の義務の創設
施設の設置者は、施設の構造等について、目視等の方法により定期点検を実施し、その結果を記録し保存する必要があります。

点検記録用紙のひな形のダウンロードは以下でお願いします。

   
       Excel様式




ページの先頭へ

Copyright 2001 TOKYOTO MEKKI KOGYO KUMIAI All right reserved.